この度、日本農業情報システム協会(本部:東京都新宿区、代表理事:渡邊智之、以下 JAISA)は、姫路商工会議所が2022年1月24日(火) に姫路市で開催する「一次産業はスマート化で変わる!?最新動向セミナー 」の開催運営に協力いたします。

一次産業はスマート化で変わる!?最新動向セミナー

近年、「先端技術(ロボット技術や情報通信技術など)」を活用した「スマート化」を実現することにより、現場における省力・軽労化を進め、人材の確保や生産技術の向上・継承等が期待されています。また、高齢化や人口減少が進む当地において、先端技術の検討・普及が重要となっています。そこで、スマート化の必要性やスマート技術を活用したツール、植物工場などの最新動向を紹介することで、生産体制の強化や生産現場と事業者間の連携に繋げるセミナーを開催します。当地域の1次産業の活性化とともにビジネスチャンスの創出を図ります。是非ご参加ください。

セミナーでは、スマート農業の活用方法や、植物工場の最新動向、スマート技術を導入した一次産業の事例、スマート農業製品を提供している企業による製品・サービスの紹介を行います。
展示ブースでは実際に最先端のスマート農業ソリューション、センサー、サービスを活用した製品に触れていただき、多くの農業従事者の皆様が抱えるお悩みについて解決の糸口を探る機会もご提供いたします。

当日の模様は、後日Youtubeにて配信予定です。

※本シンポジウムにおいては、感染対策に配慮して実施をいたします。遠方からのご来場はご遠慮いただき、YouTube配信にて聴講いただきますようお願い申し上げます。

一次産業はスマート化で変わる!?最新動向セミナー

開催日時 2023年1月24日(火)14:00~16:00
開催場所 姫路商工会議所本館2階大ホール
主催 姫路商工会議所
協力 一般社団法人日本農業情報システム協会(運営 株式会社セラク)
後援予定 姫路市商工会・姫路農林水産振興事務所姫路農業改良普及センター・姫路市・兵庫西農業協同組合
参加費 オンライン参加:無料

プログラム

1.1次産業におけるスマート化は私たちにどう役立つのだろうか

一般社団法人日本農業情報システム協会 専務理事 堀 明人
近年、農業をはじめとした1次産業においては、ICTを活用したスマート化が進められています。今回は、農業においてスマート農業機器がどのように普及し、活用されているのかご紹介いたします。また、こうした技術をどのように活かしていくべきなのかご説明いたします。

2.当地の1次産業の事業者による取り組み・課題紹介

発表企業:株式会社藤橋商店
姫路は多様な気候風土を有し、農業漁業ともに1次産業が活発な地域です。そこで、当地の1次産業に深く関わる事業者に取り組みなどをご紹介いただきます。

3.植物工場の最新動向と参入事例

植物工場普及振興会 会長 中村 謙治 氏
植物工場は、中小規模から日産1万株を越える大規模な施設、あるいは店舗や家庭向けの小型のものなど多様化が進んでいます。植物工場に必要なシステムから、空調、光源、栽培、水処理など構成する技術や商品など最新動向と参入事例をご紹介いただきます。

4.スマート技術を活用した製品・サービスの紹介

産地課題を解決するスマート技術をご紹介いただきます

展示予定

  • 水田の水管理をスマホで簡単に行うことが出来る「paditch」(株式会社笑農和)
  • ⽔⽥の水位と⽔温を測定するIoTセンサー「MITSUHA」(株式会社インターネットイニシアティブ)
  • 圃場環境モニタリング・制御を行う 「みどりクラウド」(株式会社セラク)
  • ラズパイ防塵防水ゲートウェイ 『 Pi-protect 』(メカトラックス株式会社) 
  • 5分で始めるスマート農業「あぐりログ」(株式会社IT工房Z)